マーケティングでの正しいターゲット設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上げアップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

マーケティングで、ターゲット(ペルソナ)を
設定しようという話はよくでますが、
具体的にどうやって設定すれば良いか
迷いませんか?

たとえば、ターゲット設定でよくあるのが
・20代後半の女性に向けて
・30代の主婦に向けて
などです。

これは、デモグラフィックデータといって、
「性別、年齢、住んでいる地域、
所得、職業、学歴、家族構成など
その人のもつ社会経済的なデータ。」

で、顧客を分類する手法。

でも、このデータの分け方、

現代マーケティングのターゲット設定ではすでに古い!

なぜなら、
昔に比べて、同年代でも
お客様の趣味思考が
バラバラになってきているから。

昔は、同年代の人が同じ物を好き
という傾向が強かったので、
デモグラフィックデータの分類でも
良かったのです。

しかし、現代は
情報や物があふれたせいで、
たとえば、20代女性と言っても
様々な趣味思考の人がいます。

洋服なら
・ピタッと派手な洋服が好きな人
・ふわふわしたナチュラルな服が好きな人
・奇抜なデザインな服が好きな人
など。。。

100人いたら100人とも
別の物を求めている
かもしれません。

なので、20代女性とターゲットを絞っても、
的外れになる可能性が高い。

広告などを売っていたら、
大量のムダな広告費を
使うハメになります。

じゃあ、どう分類すればいいの?
という話になるのですが、

デモグラフィックだけではなく、サイコグラフィックで分ける!

サイコグラフィックデータとは、
消費者の心理学的特性データで
価値観、ライフスタイル、趣味など、
心理的などを指します。

まるめていうと、
お客様が心の中(サイコ=精神)で
何を求めているのかで分類する。

ということです。

なので、
「20代の洋服好きの女性」
ではなく、
「ピタッとした派手な洋服が好きな人」
の方がお客様がピンと来るという事。

昔ながらのデモグラフィックで
ターゲッティングしている人は、
更に、サイコグラフィックも意識して
ターゲティングをしてみてください。

そうすれば、より鋭いセールスメッセージが
作れて、売上アップにつながりますよ!

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

あなたのビジネスとお客さんを成長させてくれるすばらしいツール




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。