価格勝負する恐怖!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

あなたは商品の価格を決定する時に
何を基準に決めていますか?

もし、競合の価格と比べて、
それよりも少し安い価格を
という理由だけで決めているのであれば、
それは良くない決断かもしれません。

100万円を売上げるのに何個売る?

整体などのボディーケアをしている業種を
例にとってみたいと思います。

A:例えば安めの整体院の価格でよく見るのが
1時間3000円くらいの印象です。

この整体院が100万円を売上げるには
100万円÷3000円=約333時間
333時間働く事が必要になります。

B:価格高めのボディケアマッサージで例です。
私が聞いた中で一番高いのは
2時間で約30000円。
1時間に直すと15000円ですね。

このボディケアマッサージが100万円を売上げるには
100万円÷15000円=約67時間
67時間だけ働けばいいのです。

この違いが何を意味しているのか。

この二つの例の違いは何でしょうか?

上記A,Bの違いをまとめると
・価格で勝負しているのか
・他の何かで勝負しているのか
ではないでしょうか。

Aは、他のお店の価格に
合わせているので、
価格を重視している
お客が集まっています。

もし、周りのお店が
500円値下げした場合
すぐにお客が流れてしまう
可能性が高いです。

それが原因で客数が減った場合、
更に値下げの必要性がでるのでは
ないでしょうか?

そうなると100万円を稼ぐのには
もっともっと働く時間が
必要になるわけです。

しかも、周りの店が
どこまで価格を下げ続けるのかの
恐怖にさらされ続けるのです。

結果、利益が少なくなり、
廃業に追いやられるでしょう。

Bの場合は、
高額であるには価格以外の
お客様を惹きつける
魅力や理由があります。

お客様はその理由に惹かれて
お店にきている訳ですから、
他が値引きしても値引きする
必要はないのです。

あなたは、どちらのサービスを提供したいですか?

あなたは、100万円を稼ぐのに
333時間働きますか?
67時間働きますか?

あなたのサービスで
価格以外の何かで勝負できる
強みを用意してください。

そうすれば、働く時間を減らして
家族や恋人との時間を増やせたり、
新しい事業に取り組む時間を
作る事ができるでしょう。

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのビジネスでは広告を上手く活用できてる?



詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。