資料請求、サンプル請求が売上げに繋がらない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

商品、サービスを知ってもらう為に、
無料の資料、サンプルをご提供してる・・・
なのに、なかなか商品を買ってもらえない。

そんな悩みを抱えている方は
多いのではないでしょうか?

なぜ、そんな事が起きるのでしょうか?

資料やサンプルをお送りしたお客様はどんな状態?

お客様から資料やサンプルの
請求が来ました。

すぐに資料やサンプルをお送りしました。

でも、待てども待てども
お客様からの連絡はない・・・。

あーあ、、今回もダメか・・・
なんて言っていたら、、、
あなたは大変な間違いをしています!!

さて、資料、サンプルを請求した
お客様がどんな状態なのかを
想像してください!

資料、サンプル請求後のお客様の例

資料、サンプル請求したときは、
あなたの商品がとにかく
気になってしょうがない
という気持ちなんだと思います。

ただ、届いたときは、
そこから時間が経っていて、
・気分がちょっとさめている
・あなたの商品を忘れかけている
なんて事が多々おこっている訳です。

結果、
忙しいから、後で見よう

数日後、うーん、何だっけこれ・・・

いらないから捨ててしまおう

と、、、
封も開けずにゴミ箱行きなんて事も・・・。

なんてもったいないんでしょうか。

では、どうしたらいいのか?

まず!!!資料、サンプルの封をあけてもらう、使ってもらう工夫をする

上の例を単純にいうと、
・そもそも、封すらあけてもらえてない
・資料は読まれていない
・サンプルは使われていない
ということ。

それでは、あなたのサービスの良さは
全く、伝わっていません。

当然、買ってもらえないですよね。

そこで資料やサンプルを送った
あなたがまずやる事は、
・お客様に封をあけてもらう
・資料を読んでもらう
・サンプルを使ってもらう
です!

封を開けてもらう為には

・封を開けたくなる様な、
 メッセージを目につくところに書いておく
・ゴツゴツした物を同封して、
 中身が気になって開けたくなるようにする

資料を読んでもらう
サンプルを使ってもらう為には

届いた頃に電話で連絡して、
・資料を見ていただけましたでしょうか?
・サンプルをお使いいただけましたでしょうか?
といった事をお客様のメリット共に
伝える事が重要!

資料、サンプルが届いた後に
あなたの商品、サービスの良さを
もう一度思い出してもらう事が出来れば
あなたの売上げは飛躍的に伸びる事でしょう!

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのビジネスはどうやってアプローチするべきなのか?




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。