潰れる会社と潰れない会社の違いと、ビジネスを加速させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

昔々、炭鉱が全盛期の時代、
それはそれは儲かっている
鉄道会社がありました。

でも、その鉄道会社は
数年後にあっけなく倒産してしまいます。

そんなに儲かっていた会社が
なぜ倒産してしまったのか・・・。

時代の流れでライバルの会社が現れた

その時代、車が普及し、
トラックで荷物を輸送する会社が表れました。

トラックは、鉄道よりも
細かな場所へ荷物を運べます。

その便利さで鉄道での物流から
トラックでの物流が主流になりました。

そのせいで、鉄道会社は倒産してしまったのですが。。。

鉄道会社は本当に倒産するだけの運命だったのか?

自分の会社を何屋として見ているのかが重要

鉄道会社は、自社のことを
「鉄道会社」と考えていました。

でももしその考えが
「鉄道会社」ではなく
「荷物を便利に届ける会社」であったならば。

トラックが普及したときに、
自社でトラックを購入し、
より便利に荷物を運んでいれば、
もっと儲かる会社に成長することが
容易に想像がつきませんか?

要は、自分の会社を何の会社と
捉えているかで、
未来が変わってくるということです。

例えば、

あなたが、マッサージを専門にしているとします。

お客さんがマッサージに行く理由は、
・体が凝が凝っている
・体の疲れている
そんな健康を維持できていない、
悩みを解決することだと思います。

でも、競合も多くなってきたのではないでしょうか?

そんなときに、お客様の悩みの根本を
解決できる他の方法を
自分のビジネスに足すことが
できないかを考えてみてください。

体の疲れをとるためには
マッサージ以外にも
・体の疲れがとれる食事を提案する
・寝具を提案してあげる
・体が柔軟になるサプリを提案する
などの方法があると思います。

このように、お客様の悩みに沿った
提案を考えることで、
他の会社との差別化ができて、
更にお客様により喜んでもらえ、
ビジネスの単価をあげることも
可能になるのです。

あらためて、ご自分のビジネスが
お客様の何の悩みを解決できるのか
を深く考え直すと、
ビジネスを加速させる、
良いアイディアが生まれるかもしれません!

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにあったやり方を見つけてセミナーにガンガン集客できる!




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。