サービスを批判されて、あわてたことありませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

ビジネスをしていれば、
あなたは何かしらの
主張をしていると思います。

主張をすると少なからず
否定的な意見を言ってくる人が
いませんか?

そんなとき、
気にしないようにしようと思っても、
直した方がいいのかな?と
気になりますよね。

私にも経験があります。
言われたときは、
とてもショックですよね。

でも、、、
よくよく考えてみてください。

その批判、受け入れるべき?受け入れないべき?

例えば、
整体院のネット上のレビュー。

その整体院は、元気がウリ。
来た人に元気になって欲しいから、
大きな声で挨拶をします。

お客もソコソコ入っています。

でも、ネットでこんな事を書かれていたら
どう思いますか?

あそこの整体院ウルサイからもう行かない

そんなことを言われたら、
「あ、、、やっぱり皆は癒しを求めてきているのだから、
静かに接客した方がいいのかな?」
と迷うかもしれません。

そして、あわててその批判意見を取り入れて、
静かな接客をし始めたとします。

でも、今までのお客様のほとんどが、
元気な雰囲気が好きな人だったら。

そのお客様は
次から来なくなり、
最悪の場合、
廃業に追い込まれる可能性も。。。

はたから見てると、
そんな間違いはしないでしょ〜。
なんて思うかもしれません。

でも、いざ自分に矛先が
向いた時を想像してください。

批判的な意見を言われた瞬間
ビックリしてなかなか冷静な判断が
出来ないときってありませんか?

そこで、一つの結論があります、、、

そもそも、全ての人にマッチするサービスを提供するのは不可能。

つまり、全ての商品、サービスに対して
「なにかしらの、批判意見や不満は必ずある」
という事。

そして、ネットなどで
批判意見を言っている人は
かなりの少数派ということに
気づいてください。

なぜなら、あなたや、あなたの友人で
ネット上のレビューを書いた人
しっていますか?

更に、批判的な意見を言っている人は、
更にその中の1部で、
かなりの少数派という事。

その少数派の批判に左右されて
ビジネスを展開した場合
失敗する可能性は高いですよね。

ただし、

批判的な意見を全てはねのけろという意味ではありません。

批判的な意見とは、お客様の不満。
お客様の不満を解消すると
ビジネスが好転する場合が
多々あります。

なので、批判意見を言われた時に
あわてず、冷静に意見をとらえて
本当に良い批判を選択し、
対応するようにしましょう。

要するに、見極めが大事という事です!

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

セールスの強力なツールを手に入れる!




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。