広告のクリック率をむやみに上げるのは危険!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上アップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
広告のクリック率を
むやみに上げるのは危険!
について。


インターネット広告を運用していると
クリック率(CTR)という基準が出てきます。

CTRとは、Click Through Rateの略で、
日本語ではクリック率や
クリックスルー率と呼ばれます。

インターネット広告の業界では
クリック率が高いほど効率の良い広告と
と言われているんですが。。。

ちょっと待ってください!

クリック率が高い広告は本当にいい広告?

なんでしょうか・・・?

確かに広告のクリック率が高いと
あなたのサイトに
たくさんの方がいらっしゃいます。

なので、一見良さそうに見えます。

ここで考えて欲しいのが、
クリックしている人が
本当にあなたのサイトの
見込み客なのかということ。

実は、インターネット広告で
クリック率を上げるのは
そこまで難しくないんですね。

どうすればクリック率が
上がるかというと。

広告の文章を
「消えた○○の真相を究明する」
のように、見た人が
気になる文章を作って
大げさに煽ればいいのです。

そうすれば、気になった人が
クリックしてあなたの
サイトに訪れます。

ただし、そのような文章を見て
あなたのサイトに入ってきた方は
あなたのお客さんになるのでしょうか?

ここで気をつけて欲しいのが、

クリック率が高い=広告会社が儲かる

という図式があるということ。

広告の運用では、
クリックされると課金される
クリック課金が主流です。

そして、広告会社は、
クリック課金された金額の
20%の報酬を設定している
会社が多いんですね。

これが何を意味しているのかというと。

クリック数が増えれば増えるほど
広告会社が儲かるという
図式が成立しているんです。

なので、広告会社は
クリック率をあげた方が
良いと考える。

もし、今お願いしている広告会社が
クリック率にやたらと
注目しているならご注意を!

大事なのはクリック率より
成約率です!

成約率が高ければ
サイトへの流入数が少なくても
十分なお客さんが確保できます。

言い換えると、広告費が安く
抑えられるということです。

しっかり見込み客がきてくれる
広告の運用を心がけてくださいね!


以上、
広告のクリック率を
むやみに上げるのは危険!
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

クリック率より
成約率が大事!

ぜひ、覚えておいてください!

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

嫌なお客さんに悩まされることをなくすには・・・




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*