薄利多売は売上アップしても会社が潰れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの集客、売上アップをご支援します!
こんにちは、売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
薄利多売は売上アップしても会社が潰れる
について。


「薄利多売」という言葉を
聞いたことがあると思います。

一つ一つの商品の利益を
薄くする代わりに
沢山売ることで
十分な利益を得る
という考え方です。

大手が色々な商品を
どんどん安くして販売するので
その真似をすれば儲かるのでは?と
思ってビジネスを始める人がいます。

そして、商品サービスを安くして
提供しているのですが。

薄利多売は売上アップしても利益が少ない

当然ですよね。

———-
1.原価50円の商品があったとします。
それを150円で販売できれば

利益は
150円ー50円=100円
です。

原価率は33.3%です。
———-
2.薄利多売だと言って
同じ商品を100円で販売したら
100円ー50円=50円
です。

原価率は50%です。
———-

この二つの場合で
1000人に販売したとします。
その時のそれぞれの利益は。

———-
1.は利益が100円なので
100円×1000人=100000円
———-
2.は利益が50円なので
50円×1000人=50000円
———-

となります。

実際、計算してみるとわかるのですが、
同じ商品を売った時に
安くしか販売できないと
利益にこれだけの差が出てしまいます。

1日に20000円の利益が必要なら何人に販売すれば良い?

ところでこの商品、
1日に20000円の利益が
必要な場合何人に販売したら良いでしょうか。

———-

1.は利益が100円なので
20000円÷100円=200人

———-

2.は利益が50円なので
20000円÷50円=400人

———-

となります。

安くしていると
当然多くの人に売らないと
利益が残りません。

なぜ大手は薄利多売がうまく行っているのか

それは、

1.店舗が大きく多くの人がくるから
 多くの人に売れる。

 一つの利益が低くても
 多くの人に効率よく
 売ることができれば

 十分な利益を確保できます。

2.店舗が小さくても
 会社として全体の
 仕入れの数が多いから
 仕入値を安くできる。

 なので、あなたが50円で
 仕入れているものを
 例えば、25円とか
 安く仕入れています。

3.原価50%以上の
 目立つ商品で
 お客さんを引きつけて

 他のラインナップは
 原価15%、20%などにして
 利益のバランスを取っている。

など、ちゃんと利益を確保するための
戦略を実行しているからです。

上記を見ればわかると思うのですが、
薄利多売ですとうたっていながら
実は、高利多売を実現している企業が
いるのです。

このような戦略を持たず、
「薄利多売」という言葉に
引っ張られてビジネスをした人は
数年で疲弊してしまい
みんな廃業に追い込まれるのです。

ということで、
我々は大手企業ではないはずなので、
しっかりと利益の取れる
ビジネスを行いましょう!!


以上、
薄利多売は売上アップしても会社が潰れる
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

マクドナルドのハンバーガーの
原価ってわかりますか?

実は7割くらいなんです 笑

ハンバーガーって
全然儲からない!!

これだけ売っていると
速攻潰れます 笑

で、マクドナルドが
どうしているかというと
セット商品で利益をとっています。

ポテトの原価は?
コーラの原価は?

考えたことありますか?

ポテト3円、コーラ1円だそうですよ 笑

さて、あなたのビジネスの
ポテトとコーラはなんですか?

あなたと あなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにあったやり方を見つけてセミナーにガンガン集客できる!




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*