同じアドバイスでも売上アップする人、しない人の違い売上アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの集客、売上アップをご支援します!
こんにちは、売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
同じアドバイスでも売上アップする人、しない人の違い
について。


売上アップや集客の
アドバイスをしていて
成果を出す人と出しづらい人が
いらっしゃいます。

同じように接して、
同じようなアドバイスをしているのに
なぜそのようなことが起きるのか
について考えてみました。

そこで、1つ気づいたことがあります。

売上アップしない人は、アドバイスを正解だと思う。そして、、、

売上アップのアイデアが
当たるか当たらないかは
実際に実行してみないと
本当のところはわかりません。

評価は買ってくれる
お客さんがお金を払うか
払わないかで決まるからです。

ところが、
売上アップをうまくできない人は
受けたアドバイスを正解だと思い込んで、
実行して1回うまくいかないと
文句を言い始めます。

そして、その1回で
諦める傾向が強いのです。

諦めたら試合終了ですよね
(↑知ってる人は同年代ということで 笑)

売上アップする人は、アドバイスを仮説だと思う

売上アップに成功する人は、
アイデアを実行するときに
一回で成功するとは思っていません。

伝えたアドバイスを1つの仮説と考え
そこから生まれたアイデアを
実行している過程で
ウィークポイントがどこあるのか?

をじっくり観察しています。

そして、ウィークポイントを
見つけたら、そこを改善して
また実行。

そして、またウィークポイントを
探してそこを改善。

これを繰り返していきます。

そうなれば、
売上アップアイデアの
ウィークポイントが減るので
必然的に売上アップを
達成できるようになります。

売上アップのアドバイスとは何なのか?

我々、コンサルタントや
アドバイザーの仕事は
売上アップのアイデアの
初期の仮説をなるべく
正解に近い状態にすること。

と捉えてください。

過去の経験や知識から
精度の高いアドバイスは
できます。

なので、1回目で
いきなり売上アップ
することもあります。

ただ、ここで売上アップしたから
満足とならないように
気をつけてください。

1回目の施策が
精度は高いことはあっても
完璧ということは
ありえません。

どこかに必ずウィークポイントが
あります。

そして、
アイデアを実行しながら、
そのウィークポイントを
見つけて改善すれば
さらなる売上アップが
可能になるのです。

結局はPDCAを回して
テスト改善を
しましょうってことですね!


以上、
同じアドバイスでも売上アップする人、しない人の違い
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

成果を出す人と出さない人は
こんな感じで分類できるかもしれません。

成果を出せない人は
・相手の意見に依存する
・うまくいかなかったときに相手のせいにする
・自分がやった事がないことに抵抗を示す

成果を出す人は
・相手の意見を尊重しながら、自分も考える
・うまくいかなかったときに、何が悪いのか見つけようとする
・相手のせいにせず、自分の責任で行動する

といった感じでしょうか。

ぜひ、売上アップする人の
傾向を認識してもらい
さらなる飛躍を目指してください!

あなたと あなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのビジネスはどうやってアプローチするべきなのか?




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*