ネットの広告代理店の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上げアップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

ホームページやランディングページ※
を作った後に、何かの方法で
そのページにアクセスを集めないと
当然、お問い合わせや売上アップにつながりません。
(※正しくはスクイズページといいます)

だって、、、
ページの存在に気づいてもらえなければ、
誰もいない無人島に店を構えているのと
同じですから(笑)

なので、PPC広告などを使って
ページにアクセスを集めるのですが、
ネットの広告代理店の中に
かなりの割合で、精度の低い会社が
存在しているようです。

どんな会社かというと、、、

報告が結果の数字のみ

広告を1ヶ月試して、
CPAやCTRなどを報告してくれるのですが、
—–
CPA – 広告単価の指標で、顧客獲得一人あたりの支払額。
CTR – インターネット広告が表示された回数のうち、クリックされた数の割合を表す。
—–

で、どうすれば効果が良くなるの???
というところが弱い。

大事なのは、数字じゃなくて、
その数字を元に、
どう改善すると良いのかという事。

なので、報告の内容は、

例えば、
ABテストで二つの広告を戦わせて、
Aが良かったので、
Aを残して、次のB案と戦わせましょう。
という内容が欲しくないですか?

そうすれば、どんどん精度や
費用対効果が上がっていきますからね。

あと、そもそも、

ホームページやランディングのメッセージちゃんと見ていないでしょ!?

って人もいる・・・。

ページ内のメッセージは、
ペルソナ(対象客像)に向けて作っています。

なので、広告もそのペルソナを
意識して出すべきです。

なのに、ページ内のメッセージを無視して、
まったく見当違いの
広告文やバナーを作っている。

ひどい人は、、、
メッセージもなく、
ロゴだけを使って作っている人もいる。。。

その広告を見た人が、
興味を持ってくれますか???

興味を持ったとしても
見当違いの人が来る・・・。

これじゃあ、ペルソナが来る確率も
少なくて、成約率も低く
費用対効果も良くないですよね。

最低限、ページの内容やペルソナを
理解した上で、運営してくれる
広告会社を選びましょう。

ページも広告も改善こそが生きる道です!

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

せっかくのいい商品であっても売れないのはなぜか・・・




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。