売上アップするメッセージの重要な7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上アップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
売上アップするメッセージの重要な7つのポイント
について。


商品サービスを売る
メッセージを書く時。

あなたはどんな事に
注意しながら書きますか?

メッセージの書き方一つで
商品サービスの売上額は
まったく変わってきます。

売上アップのために
メッセージを考えるときは
ぜひ、今日のポイントを
思い出しながら作ってくださいね!

売上アップするメッセージを作る7つのポイント

1.商品サービスの特徴ではなく、相手の利益を表現する

例えば、整体なら。

「当整体院では、筋肉と骨格どちらも整えます。」

↓ではなく

「当整体院では、筋肉を緩めた後に骨格を整えるので、
 筋肉が傷つかずに、全身が整います。」

といった感じです。

2.「相手」の視点から書く

「当整体院では、筋肉を緩めた後に骨格を整えます。」

↓ではなく

「当整体院では、筋肉を緩めた後に骨格を整えるため
 あなたは無理なく楽な状態になれます。」

といった感じです。

3.信頼性を伝える

・どれだけのお客様が喜んでいるか
・満足度の高いお客様の声の数
・有名な人からの推薦
・会社の規模や認知度
・会社の継続年数
・製品の品質保証

などなど、お客様が気にすることを
より多く伝えるようにしてください。

4.インパクトのある表現をする

表現にインパクトを持たせて
お客さんの興味を引きましょう。

商品サービスの性能の
100%を超える表現は
ウソになるのでダメですよ。

100%超える表現は
いわゆる詐欺って
やつに該当します 笑

5.物語で売る

商品の説明書を読んでいても
面白くありません。

漫画や小説を見ているときは
面白くて楽しいですよね。

人は楽しいと思うことは
読み続けてくれます。

つまり、物語になると
お客さんが読む可能性が
格段に上がるのです。

・なぜこの商品サービスを
 取り扱うようになったのか

・お客さんが商品サービスを
 使う事でどんな最高の未来を
 体験したのか

など、商品サービスにまつわる
物語を語るとお客さんは
あなたの商品サービスに
引き込まれていきます。

6.長いコピーは必要

マーケティングを知らない人は
長文コピーを見ると
「こんな長い文章誰が見るの?」
と言います。

でも、実際に商品サービスを
買おうと思っているお客さんは
不安がいっぱい。

誰だっていざ自分が
お金を払うときになったら
失敗したくないんです!

なので、お客さんが十分に
納得して安心してもらえる要素が
全て詰まったコピーを
書きましょう。

「こんな長い文章誰が見るの?」
といっている人も
購入を迷っている気持ちの時は
長い文章を読んでいたりします。

「こんな長い文章誰が見るの?」
と言う前に。

自分が商品サービスを
買おうとしている時に
時間をかけて十分に
下調べしていることを
思い出してくださいね。

高額の商品になればなるほど
失敗したくないので
この傾向が強いです。

デザインの邪魔になるからと
売上アップのことを考えずに
根拠なくコピーを削っては
いけません。

カッコよくはなりますが、
納得しきれないお客さんが
増えるので本末転倒です。

7.2種類のタイプのお客様に響くライティングを

お客さんの中には
コピーを読む時に
「全てをくまなく読むタイプ」
「タイトルや主要部分のみを読むタイプ」
がいます。

「タイトルや主要部分のみを読むタイプ」
の方は文章を読み飛ばしていくので、
タイトルや重要な文章の部分を
大きくしたり太くしたりしてください。

そして、その部分を読むだけでも
意味が通じる文章を
書くことを心がけてください!

そうすれば、2種類のタイプの
お客様にアプローチが可能になります。

結果として売上アップしますよ!!


以上、
売上アップするメッセージの重要な7つのポイント
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

コピーライティングは
営業マンの営業トークと
ほぼ同じです。

営業トークと違うのは、
お客さんの反応に対して
その場で臨機応変に
トークを変えられないところです!

なので、お客さんの疑問に
あらかじめ全て答えておく
必要があるのです。

ぜひ、面白く、分かりやすく、
お客さんの知りたい事に
全て答えるように
作り上げてくださいね♪

あなたと あなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

あなたのビジネスとお客さんを成長させてくれるすばらしいツール




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*