競合との差別化を一歩間違うと、お客様が離れてく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上げアップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

競合と商品、サービスの
差別化をお客様に伝える際
どのような表現をしていますか?

よくあるのが、
まず、競合を否定した上で
自社の商品の良さをアピールする
という手法。

でも、実はこの手法ちょっと危険かも!
なぜなら、、、

否定した意見、誰が見てる?

メッセージを読んでいる人が
万が一、否定した競合の商品や
その類似商品を使っていたら、
どう思う?

「あれ?この人、俺の選んだ商品を否定してる!?」

メッセージでは
競合の商品を否定していても
その商品を買った人ですから、
「自分の選択」が否定されたと
感じている人もいるんです。

あなたは誰かに
否定的な意見を言われた時に
反射的に心の中で
「イラッ」っときません?(笑

私は、正直少しは思ってしまいます。。。
(もっと心の広い人間になりたい!!)

そもそも、

否定的な意見ばかり言う人好きですか?

まわりの友達でも良いですが、
いつも他の人の事を悪く言う人
好きですか?

極端に言うと
昔、近所の人の文句を言うために、
布団をタタキまくって抗議して
テレビで有名になった人好きになれますか?
(覚えてます?笑)

その人に、
いくら正当な理由があっても、
心の奥から好きになるのは
難しいんじゃないかと思います。

そんな人が、いい事言ってても
なかなか聞けないですよね。

例えば、実際、私のクライアントで
とても性格がいい人と思っていた人。

ネットからお問い合わせがあったときに、
対象じゃなかったお客様の事を
「クズ客」みたいな表現をした時に
「えっ?(汗」とめちゃめちゃひいて、
結果、取引がなくなった経験があります。

では、どうやって競合を否定せず
差別化を表現すればよいのか!?

競合も肯定しながら、更に良さを上乗せする!

競合を否定するのが良くないのであれば、
逆に競合を肯定することを考えてみてください!

メッセージを読んでくれているお客様に
「あなたの選択は間違っていない!」
と、伝えた上で。。。

「こっちに、もっといい物がありますよ!!」
と教えてあげるのです。

この表現をうまく使えれば、
人から悪く思われず、
より優良なお客様が
あなたのサービスを取り入れるでしょう。

しかも、競合よりも高額な
商品サービスでも!

是非試してみてください!

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのビジネスでは広告を上手く活用できてる?



詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。