商品を高くして売上アップするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上アップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
商品を高くして売上アップするコツ
について。


最近、何か買いたいと思ったら
すぐにネットで手に入りますよね。

特にAmazonはすごいです。

本が欲しいなと思って
頼んだら翌日には手元に
届いているんですから 笑

信じられないほどの早さです!!

このように、
最近は本当にいろんなものが
手に入りやすくなりました。

ここで考えたいのが、
商品が手に入れやすい事が
ビジネスにどう影響を
与えているのかについて。

同じ売上アップでも、手に入れやすいかどうかで全く違う

Amazonの戦略は
どんな商品でも
手に入れやすくしている
ということです。

ところで、ここで
考えたいことが一つあります。

すぐに、手に入る商品って
高く販売できそうですか?

あまり高くできる
イメージはないですよね。

それどころか、
手に入ることがわかっているので
同じ商品で他に安いのがないのか
探し始めることでしょう。

人は簡単に手に入るものに関しては、
価値を感じづらいという
傾向があります。

なので、手に入れやすいということは
商品の販売価格が
安くなる傾向にあります。

そうなると、
一つの商品で十分に
利益が取れないので、
たくさんの商品を売る必要が
出てきます。

では、逆に手に入れにくい商品に
ついて考えてみます。

例えば、

iPhoneは手に入れにくさで、販売数を伸ばした

新型のiPhoneが販売されるとき、
出荷台数が発表されます。

初回に買い損ねると
しばらく手に入れられないのです。

いち早く新型のiPhoneを
手に入れたい人は
前日からでもお店の前に並びます。

値段よりも絶対に手に入れたい
という気持ちが先に来ます。
個数を限定することで
お客さんの買いたいという
気持ちを盛り上げています。

結果、iPhoneは定価で売れるのです。

さて、

この二つのビジネスモデルでのお客さんの心理状態を考えてみます。

Amazonで買い物をしているお客さんの心理状態は?

Amazonで買い物を
しているお客さんは、
商品が手に入ることが
すでにわかっているので、
そのことに安心しています。

結果として、
少しでも安く手に入れられないか
ということまで考え始めます。

次に

iPhoneを買いたいと思っているお客さんの心理状態は?

新型のiPhoneは
販売数が限定されています。

前提として、手に入れられるのか
手に入れられないのかが
わからないのです。

なので、店頭から
なくならないうちに買いたい!
という気持ちで
頭がいっぱいになります。

このような気持ちなので、
安くして欲しいなんていう人は
出て来ません。

手に入れたその場で、
買えなかった人に向かって
2倍の値段で転売したら
売れるかもしれませんよ 笑

あなたはどちらのビジネスモデルを選びますか?

最近はインターネットの普及で
買いたい商品がすぐに見つかるように
なりました。

同じ商品なら安い方を
買いたいと思うのは当然ですよね。

安くすれば、ライバルも安くする。

ライバルが安くすれば
こちらも安くする。

結果、売上が上がっても、
利益が残りません。

1つの商品から
得られる利益が少ないので、
大量に販売する必要があります。

薄利多売というやつです。

逆に、iPhoneのように
商品の価値を感じさせ
更に、手に入りづらい商品は
価格競争に巻き込まれづらいです。

なので、安くする必要がなく
1つの商品からの
利益を確保しやすいです。

なので、大量に販売する必要が
なくなります。

あなたは、どっちの戦略で行きますか?


以上、
商品を高くして売上アップするコツ
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

あなたの商品サービスは
手に入りやすいですか?
手に入れにくいですか?

人は、手に入りづらいと思うと
価値を高く感じやすくなります!

あなたの商品サービスで
お客さんにとって手に入りづらいから
欲しくなるようにするには
どうしたら良いでしょうか?

あなたの商品サービスに
限定性を持たせることは
できませんか?

それができれば、
商品を高くして売上アップ
することができるようになります!

あなたと あなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

せっかくのいい商品であっても売れないのはなぜか・・・




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*