リピーターを増やす方法-多店舗展開について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの集客、売上アップをご支援します!
こんにちは、売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
リピーターを増やす方法-多店舗展開について
について。


昨日、リピーターを増やす方法として
リピーターを増やす方法-来店目的を増やす
を共有しました。

これはお客さんが
どんな目的で飲食店を探しているのか
分解して具体的にできれば
リピートしてもらえる回数が
増えることをお伝えしました。

例えば、飲食店ならば
分解して具体的になる目的は

・宴会
・新人歓迎会
・送別会
・新年会
・忘年会
・接待(落ち着いた個室あり)
・デート
・子供を連れてママ友会
など。

ですね。

もし、まだご覧になっていない方
内容を忘れてしまったという方は
リピーターを増やす方法-来店目的を増やす
をご覧ください!

そして、今日は
リピーターを増やす方法として
別の方面から考えてみます。

リピーターを増やす多店舗展開1:同じ業態を別の地域に

あなたがもし多店舗展開を
するならば、どういう戦略で
多店舗展開しますか?

ほとんどの方が、
同じ業態の店舗を
別の地域に展開して行く事を
考えるのではないかと思います。

例えば、和食のお店を作ったら、
別の地域にまったく同じ和食の店を
作るイメージですね。

これは、多くの人がやっている
戦略なので、イメージしやすいと思います。

今日はさらに
もう一つの戦略をお伝えします!

リピーターを増やす多店舗展開2:別の業態を同じ地域に

タイトルが似ていますが
よく見てください^^

「同じ」「別の」を
入れ替えてみました!

同じ地域で違う業態で多店舗展開
という意味です。

人は、いくら美味しいものでも
毎日同じものは食べません。

あなたも
今日が和食なら
明日は中華
その次の日はイタリアン

といった感じで
別のものが食べたくなりませんか?

ということは
まずは和食で成功したら
その同じ地域に
中華やイタリアンを作れば。

一人のお客さんが
毎日自分のグループのお店に来てくれる
という可能性作れるのです。

別の業態を同じ地域にするメリット

・地域に密着できる
・何かトラブルがあったときに近いので駆けつけやすい
・食材が足りなくなった時に他の店舗から借りれる
・グループで共通のポイントカードを作っておけば、
 お客さんがどの店に行けばポイントがつくのかを
 把握できる。
 →お店側からはグループの店をアピールできる。

結果として、
その地域での利益を
最大化できるってわけです!

地域での利益を最大化した後に
別の地域に同じモデルを
展開することができれば、
別の地域でも成功しやすいですよね。

まとめ

本日はリピーターを増やすアイデアとして
多店舗展開するときに

・同じ業態を別の地域に
・別の業態を同じ地域に

という2つのパターンが
考えられることをお伝えしました。

飲食店に限らず
多店舗展開を考えている経営者の方は

ぜひ、どちらのモデルが
あなたにあっているのかを
考えてから展開してみてください!


以上、
リピーターを増やす方法-多店舗展開について
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

上記の飲食店の例ですが
ご飯を食べた後に寄れる
2、3次会用のバーを用意しておけば、
最終的にお客さんがそこに集まってきます。

そうすれば、
毎日のように顔を合わせる
顔なじみが増えていきます。

顔なじみが増えれば、
「みんな待ってるから
 今日も行こうかな〜。」

なんて気持ちで
リピートしてくれる人が
増えていきます。

今日のアイデアは
1つの店にリピートさせるのではなく
あなたのグループのお店全体に
リピートしてもらうという考え方です。

冒頭にもお伝えしましたが、

昨日も、リピーターを獲得する
アイデアの記事を
かいております。

ご興味ある方は以下の
以下の記事もご覧ください。

リピーターを増やす方法-来店目的を増やす

きっとあなたに役立つ内容に
なっています!!

あなたと あなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスの強力なツールを手に入れる!




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*