【最強の売れる顧客分析とは?】顧客に直接会って質問する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上アップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

分析でビジネスで勝つ!2話シリーズ
【第2話 顧客分析】

========================================
分析でビジネスで勝つ!第1話
【正しい競合分析】でマーケティングで楽に勝てる?理由
はお読みになりましたか?

まだの方は、先にこちらをご覧下さい。
========================================

あなたは顧客の分析って
どのようにやっていますか?

もしネットで調べるだけで
顧客分析しているなら、
その分析は正解率50%以下かも。

なぜなら、直接質問しないと
発言の本当の理由が明らかに
なりづらいから。

微妙なニュアンスが
汲み取れないんです。

以下の例で、
それを証明したいと思います。

顧客分析が必要と思えるたとえ話

ひげを生やしている
若者がいました。

私はずっと
彼がヒゲをはやしている理由は、
カッコつけているからだと
思っていました。

でも、ふとした瞬間に
なんでヒゲを生やしているの?
と実際に本人に聞いてみると

———-

彼「ヒゲ剃りたいんですが、
  剃ると肌が荒れるので、
  どうしていいのか悩んでるんです。」

と答えが返ってきた事があります。

私「え?そうなの??
  かっこいいからかと思ってた。」

彼「とんでもない、、
  ヒゲを生やしているの
  ホントはイヤなんですよ。」

私「マジっ???」

———-

さて、こんな商品があったとします。

彼が買いたい商品はどっち?
1.ヒゲを綺麗に整えられる商品
2.ひげを剃っても肌が荒れない商品

どちらも売れるかもしれません。

ただ、自分がオススメする事を
想像してみてください。

理由を聞く前だったら
ヒゲはかっこいいから生やしていると
勘違いしているので、
「1.ヒゲを綺麗に整えられる商品」
をオススメしたでしょう。

でも、ちゃんと理由を聞いた後なら、
絶対に
「2.ひげを剃っても肌が荒れない商品」
の方をオススメします!!!

この例から分かるように、
こちらが「◯◯だろう」
と思っている事は
結構間違っている事がある。

私はいわゆる勘違い野郎
だった訳です(笑

なので、

顧客分析をする時は直接優良顧客に会って質問しよう

あなたは顧客分析をするとき
どうしていますか?

「◯◯だろう」とか
ネットでこう書いてあったからとか
安易に決めつけていませんか?

あなたにお客さんがいるなら、
その中の優良顧客に
なぜあなたの商品サービスを
選んでくれたのかを
直接会って聞いてみましょう。

思いもよらない答えが
返ってきたらチャンスです。

その答えを元にメッセージを作ると
あなたの望む優良顧客の
問い合わせや申し込みが
増える可能性が高くなります!

しかも、競合がその事に
気づいていなければ
しばらくは独壇場(ブルーオーシャン)
を作れるかも。

是非、試してみてください!

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌なお客さんに悩まされることをなくすには・・・




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。