値上げと顧客満足度をアップしながら、売上アップする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上アップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
値上げと顧客満足度をアップしながら、売上アップする方法
について。


あなたは、ご自分が販売している
商品サービスの価値と
販売価格が同等だと
思っていますか?

私は色々な経営者に
お話をお聞きする機会があり、
よくこんな話をお聞きします。

提供している商品サービスの
価値に比べて販売価格が安すぎる!と。

自分の商品サービスを安売りしている
と感じている経営者の割合が
とても多いのです。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

多くの経営者が売上アップできない理由

もし、あなたがご自分の
商品サービスの販売価格が
安すぎると感じているなら
以下のことが原因です。

「商品の価値が十分に伝わっていない!」

お客さんは、商品を買う前は
あなたの商品サービスが
どういうものかを理解していません。

なので、商品サービスの
説明のメッセージを見た時に
良さそう!と感じれば
お金をたくさん払ってくれます。

商品の価値がよくわからないとなれば
似たような商品と比べて
安い方を選ぼうとします。

例えば、

飲食店なら

—–
ハンバーグ定食 800円
—–

と書かれているのと

—–
厳選された神戸牛をふんだんに使用して
肉汁滴るふわっとジューシーハンバーグ定食

特別限定価格 1000円(1日限定30食)
—–

と書かれていたら。

上の二つは全く同じ商品ですが、
どちらのハンバーグを食べたくなりますか?

どっちのメッセージが
商品の価値が
伝わっていますか?

200円高くても食べたくなりませんか?

マッサージ店なら

—–
オイルマッサージ 60分コース 10000円
—–

と書かれているのと

—–
インドから直輸入!
リラックス効果が非常に高い
秘伝のオイルをふんだんに使った
全身マッサージ

60分コース 12000円
—–

と書かれていたら。

上の二つは全く同じサービスですが、
どちらのマッサージを
受けたくなりますか?

どっちのメッセージが
サービスの価値が
伝わっていますか?

2000円高くても受けたくなりませんか?

上記の例でもわかるように

メッセージで価格が変わる

上でも書きましたが、
お客さんは商品を買う前は
商品が良いから買うのではなくて
商品が良さそうに見えるから
買ってくれます。

商品サービスを良さそうに
魅せるには、メッセージを
工夫すれば良いのです。

メッセージを工夫すれば
お客さんも良い商品サービスだと
理解してくれるので
高くても納得してくれます。

また、メッセージがよければ
どんな商品か理解してくれるので、
価値や貴重さを理解してくれます。

結果として顧客満足度も
アップするのです。

ぜひ試してみてくださいね!!


以上、
値上げと顧客満足度をアップしながら、売上アップする方法
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

あなたは、商品サービスの価値を
100%お客さんに伝えていますか?

もし伝えていないなら、
毎日の売上を損してますよ!

実は、売上アップを簡単に
達成できるアイデアは
たくさんあります。

このように
あなたのビジネスにピッタリの
売上アップのアイデアが
たくさん思いつく、勉強会があります。

売上アップに少しでもご興味あれば
お気軽にご参加ください。

売上アップ実践会
「◆ そのままでも高く売れる!
 正しい商品価値の伝え方」

限定5名
人数に限りがありますので、
今すぐチェックしてください。
http://uriup.tokyo/lp/uriageup1710

あなたと あなたのお客様の未来の為に!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし悩んでいるなら、今すぐに知ってほしい・・・




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*