売上アップする目線の持ち方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの集客、売上アップをご支援します!
こんにちは、売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
売上アップする目線の持ち方
について。


「売上アップしたい!」

と、みなさん考えますよね!

そして、売上アップするには
ジェイエイブラハムの
売上の方程式が便利です!

ジェイエイブラハムの
売上の方程式は
ご存知の通り、

「売上=顧客数×購買単価×購買頻度」
ですね。

売上アップするには
単に「売上アップしたい!」
と考えるよりも。

・顧客数をアップするには
・購買単価をアップするには
・購買頻度をアップするには

と考えた方が売上アップの
アイデアがたくさん出やすくなります。

ただ、実はこの考え方だと
少し不十分なのです。

それは、言葉の目線の問題です。

売上アップする目線とは

先ほどの売上アップの3つの要素に
主語をつけてみてください。

1.1 (私の商品サービスの)顧客数をアップするには
1.2 (私の商品サービスの)購買単価をアップするには
1.3 (私の商品サービスの)購買頻度をアップするには

こんな感じで頭の中で、
「私」が
主語にきていませんか?

でも、商品サービスを
買ってくれるのはお客さんですよね。

なので、この方程式の理解を

2.1 (お客さんが)たくさん来るには
2.2 (お客さんが)高くても買いたくなるには
2.3 (お客さんが)なんども来たくなるためには

という風に変えてみては
いかがでしょうか?

目線を変えた時にどんな心理の変化が起きるのか

ちょっと例えを出してみたいと思います。

顧客数について

【1.1 (私の商品サービスの)顧客数をアップするには】
と考えた時

「チラシが効果ありそうだ!
 チラシを作ろう!」

といった感じの
心境になっていませんか?

これを、

【2.1 (お客さんが)たくさん来るには】
と考えた時

「チラシが効果ありそうだ!
 どんなチラシにお客さんが
 興味持ちそうかな?」

といった感じの心境に
なりやすくありませんか?

1.1と2.1どっちの方が
お客さんが集まる
チラシが作れそうでしょうか?

購買単価について

【1.2 (私の商品サービスの)購買単価をアップするには】
と考えた時

「セットメニューが効果ありそうだ!
 作ってみよう!」

といった感じの
心境になっていませんか?

これを、

【2.2 (お客さんが)高くても買いたくなるには】
と考えた時

「セットメニューが効果ありそうだ!
 お客さんは何をセットにすると喜ぶかな?」

といった感じの心境に
なりやすくありませんか?

1.2と2.2どっちの方が
お客さんが高くても買ってくれる
セットメニューが作れそうでしょうか?

購買頻度について

【1.3 (私の商品サービスの)購買頻度をアップするには】
と考えた時

「ニュースレターが効果ありそうだ!
 作ってみよう」

といった感じの
心境になっていませんか?

これを、

【2.3 (お客さんが)なんども来たくなるためには】
と考えた時

「ニュースレターが効果ありそうだ!
 お客さんはどんな内容が
 楽しめるかな?」

といった感じの心境に
なりやすくありませんか?

1.3と2.3どっちの方が
お客さんが興味を持ってくれて
リピートしてくれる
ニュースレターが
作れそうでしょうか?


以上、
売上アップする目線の持ち方
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

売上をあげようと考えると
どうしても自分目線で
考えてしまいがちです

でも、買ってくれるのはお客さんです。

お客さんを主語にすることで
実際のお客さんのことが
頭に浮かんで来ます。

その上でアイデアを考えるので
自然とお客さんに役立つには?
といった感じのアイデアが
出やすくなります。
当然お客様に役立つアイデアの方が
お客さんは喜んでくれますよね!

また、あなたが他の人から
商品サービスを買うときのことを
想像してみてください。

売上のために売ろうとする人ではなく
あなたに幸せになってほしいと
考えている人から
商品サービスを買いたいですよね!

あなたもそうあるべきです!

ぜひ、試してみてくださいね。

あなたと あなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌なお客さんに悩まされることをなくすには・・・




詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*