あなたは何屋さん?売上アップが続くかどうかはこれ次第!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのホームページをもっと集客、売上アップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

今回は、
あなたは何屋さん?売上アップが続くかどうかはこれ次第!
について。


昔、栄華を極めた
鉄道会社がありました。

でも、その会社はあっけなく潰れました。

潰れた理由は、
自分の会社を「鉄道会社」だと
思っていたから。

その鉄道会社は
時が流れ、世の中にトラックという
新しい物流方法が
現れた時に、自分を「鉄道会社」だと
捉え続けました。

その結果廃業したのです。

もし、お金がある時に、
トラックを買って
トラック事業を始めれば
廃業しなかったことは
容易に想像できませんか?

自分は
「鉄道会社屋さん」
ではなく
「お客様の荷物を便利に
 素早く届ける屋さん」
と捉えればよかったのです!

そうすれば、
次の時代もその次の時代も
途絶えることはなかったでしょう。

この鉄道会社は、
自分が鉄道会社ということに
プライドを持ち、
そのプライドを守ったことで
死んで(廃業して)しまったのです。

プライドだけだと売上アップは続かない

いい仕事をするのには
プライドは必要です。

でも、もし
「あなたのプライド>お客さんの悩み」
になっているならこれは
絶対に間違っています!

なぜなら、我々がビジネスをしているのは
「お客さんの悩みを解決するため」
であって、
「あなたのプライドを満たすため」
ではないからです。

仕事をする時には
お客さんの悩みに
フォーカスしないといけない。

これがないと、
一時期は良くても
時代が変わった時に
需要がなくなります。

時代が変われば、
お客さんの悩みは変わります。

その時に、自分は今まで
「これをやってきたんだから
 ○○○屋だ!」
と言い張っても。

どんなに今までの仕事に
プライドを持っていても。

買ってくれる人が減れば、
儲かりません。

儲からなければ
当然廃業します。

あなたが何を提供したい
ではなく、
お客さんは何に困っていて
何を欲しがっている?

その手助けをする。
その気持ちで、
自分は何をするべきなのかを
決めてくださいね。

あなたが今やっている仕事を
一歩引いた目で見て
お客さんが本質的に
何に喜んでいるのかを
考えるとわかるようになります。

鉄道会社が鉄道会社ではなく
「お客様の荷物を便利に
 素早く届ける屋さん」
と捉えればよかったように。

大事なことなのでわかりやすく表現します。

「あなたのプライド<<<<<お客さんの悩み」 です!! あなたのお客さんの 本当の悩みを解決することが あなたの仕事であり そこにプライドを持つようにしてください。 例えば

飲食店なら

美味しいご飯を提供する

だけでなく、

「お客さんが毎日来たいと思うような、家庭のような空間を提供している」
「お客さんが毎日元気になる場所を提供している」
「お客さん同士がコミュニケーションが取りやすく、仲良くなれる空間を提供している」

花屋さんなら

花を売っているのではなく。

「オフィスを華やかにして、スタッフやお客さんの笑顔を生み出す仕事」
「飲食店を華やかにして、お客さんの笑顔を増やす仕事」

ホームページ制作会社なら

ホームページを作るのではなく、

「クライアントにお客様を集める仕事」
「クライアントの売上をあげる仕事」

といった感じです。


以上、
あなたは何屋さん?売上アップが続くかどうかはこれ次第!
でした〜!

どんなにいい方法を
知っていたとしても
実行しないと意味がありません!

自分が何屋さんなのかを
変えると、行動が変わります。

あなたは何屋さんですか?

お客さんに本質的に役に立つためにも
末長く売上アップを続けるためにも
一度考え直してみてくださいね♪

あなたと あなたのお客様の未来の為に!

売上アップ実践会をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのビジネスでは広告を上手く活用できてる?



詳しくはこちらをクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*